育児子育てあるある大百科

育児子育てに関する悩みはつきませんよね。母乳育児や卒乳時期、離乳食レシピ、美容、ダイエット、子育て支援、給付金、育児休業など、育児子育てに役立ついろいろな情報を、がんばっているママにお届けしますね。

*

赤ちゃんの日焼け止めで虫除けにもなるおすすめなのは?

   

暖かくなると、赤ちゃんも外で元気いっぱい遊ばせてあげたいですよね。

おひさまの光をたくさん浴びて、たくさん身体を使って遊んで、健康的な子に育ってほしい。

そう思っているパパやママは多いのではないでしょうか。

ただ、たくさん外で遊ばせる時に気になるのが紫外線です。

赤ちゃんにも紫外線による悪影響はあるのでしょうか。

大人のように紫外線によるシミやシワが気になるというわけではなくても、日焼け止めを使うなど、大人と同じように紫外線対策をした方が良いのでしょうか?

そこで今回は赤ちゃんの紫外線対策についてまとめたいと思います。

また、外遊びをする赤ちゃんにおすすめの日焼け止めを紹介します!

虫除けにも使えるオーガニックの日焼け止めもあるので、参考にしてくださいね!

Sponsored Link

赤ちゃんの日焼け止めで虫除けにもなるおすすめなのは?

赤ちゃんにも日焼け止めは必要?

子供は真っ黒に日焼けしているくらいが健康的!
そんな考えは一昔前のもの。

今は、赤ちゃんの頃から紫外線対策をするのが当たり前になっているんです。

赤ちゃんのお肌は大人に比べてずっと薄くてデリケートです。

そのため、大人にとってはそんなにきついと思わない日差しでも日焼けをしたり、ひどいと火傷や水ぶくれになってしまうこともあります。

また、紫外線のダメージは年々蓄積されていくものです。

赤ちゃんの頃から多量に紫外線を浴び続けると、皮膚がんや白内障のリスクを高める可能性もあるのです。

そのため、赤ちゃんのころから紫外線のダメージから身を守った方が良いのです。

しかしながら、紫外線を浴びさせたくないからと言って室内に閉じこもっているのは良くありません。

過度に日差しを避けてしまうと、ビタミンDを生成することができず、赤ちゃんの成長に支障をきたしてしまいます。

くる病という病気を知っていますか?くる病はビタミンD不足が原因で、骨にカルシウムが定着せず、骨が正しく形成されない病気のことです。

O脚になったり、肋骨にコブができたりといった症状が出ます。

ビタミンDを生成するのに日光は不可欠です。

強い日差しをガンガン受けるのは良くありませんが、紫外線対策をしながら、適度に外気浴をすることが赤ちゃんの成長のためには欠かせないのです。

Sponsored Link

赤ちゃんにはどんな日焼け止めが良いの?

では、デリケートな赤ちゃんにはどんな日焼け止めを選べば良いのでしょうか?

紫外線吸収剤不使用のもの

紫外線吸収剤は、皮膚の上で化学反応を起こして紫外線を熱などに変換し、肌に吸収されるのを防ぐというものです。

日焼け止め効果は確かなのですが、化学反応が肌にとって刺激となる場合があります。

肌が弱い赤ちゃんは避けた方が良いでしょう。

紫外線を乱反射させて吸収を防ぐ「紫外線散乱剤」を使用した日焼け止めがおすすめです。

SPF20 ~30、PA++程度のもの

SPFやPAの値が高い物は日焼け止め効果が高いですが、その分肌への負担も大きくなります。

日常の外気浴程度であれば、SPFが20~30、PA++程度あれば紫外線対策には十分です。

SPF値の高いものは、海や長時間の外出の時のみ使用しましょう。

また、普段使っていない日焼け止めを使う際は、かならずパッチテストをしてから使いましょう。

無添加のもの

香料や着色料など、余計な成分を使用せず、できるだけシンプルなものの方が肌への負担は少なくて済みます。

また、化学成分ではなく、天然成分を使用しているものがおすすめです。

石鹸で落とせるもの

強力な日焼け止めは、落とす際に専用のクレンジング剤が必要な場合があります。

クレンジング剤を使うことも肌に負担がかかるのでおすすめしません(赤ちゃん用の日焼け止めであれば、クレンジング剤が必要になるような物はまずありませんが)。

選ぶ際は石鹸で落とせるものを選びましょう。

赤ちゃん用の日焼け止めは、肌への負担が少ないことを最優先して選んでくださいね!

虫除けにも使える!赤ちゃんのためのオーガニック日焼け止め

それでは、実際にどのような日焼け止めが良いのか、おすすめのアイテムを紹介します。

今回は、日焼け対策だけでなく虫除けとしても使える物を選りすぐって紹介しますね!

アロベビー UV&アウトドアミスト

アロベビー UV&アウトドアミスト

大手通販サイトでも売り上げトップを誇るオーガニック日焼け止めです。

もちろん虫除けにもなります。

成分は100%天然由来で、レモングラスやローズマリーなどの天然アロマを使用しているので、虫除け特有の嫌な臭いもしません。

ミストなので、動き回る赤ちゃんにもサッとつけられ、付け直すのも簡単です。

白浮きしないのも嬉しいですね。

落とす時もお湯で落とすことができます。

1本でUV対策と虫除けができるので、肌への負担も最小限で済みますね。

SPF15、PA++で、新生児から使用することが出来ます。

ママバター UVケアクリーム アロマイン

ママバター UV ケアクリーム アロマイン 45g

天然由来の保湿成分・シアバター配合のオーガニック日焼け止めです。

紫外線対策だけでなく、肌を潤すこともできます。

5種類の精油をブレンドしており、虫除け効果もあります。

アロマによる虫除けなので、赤ちゃんにも安心して使用できます。

紫外線吸収剤、シリコン、香料、着色料、鉱物油、パラベン不使用なので安心ですね。

SPF25、PA++です。

まとめ

紫外線は年々蓄積されていくものです。

そのため、赤ちゃんの頃から紫外線対策をしましょう。

帽子をかぶったり、ベビーカーに日よけをつけるなどの対策ももちろんですが、動き回るようになった赤ちゃんのUV対策にはそれだけでは不十分です。

日焼け止めも上手に活用したいですね。

赤ちゃんの日焼け止めは、効果の強いものを使う必要はありません。

むしろ、重視するのは肌へのやさしさです。

デリケートな赤ちゃんのお肌が荒れたりしないよう、ノンケミカルで肌に優しい日焼け止めを選ぶようにしてください。

今回は紹介した日焼け止めは天然成分から出来ているので肌に優しいうえ、虫除けにもなります。

赤ちゃんにも敏感肌のママにもおすすめなので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事↓

赤ちゃんの日焼け止めはいつから使って良いの?他の日焼け対策もしよう!

赤ちゃんの日焼け止めでオススメは?日焼け止めの塗り方も知っておこう

赤ちゃんに日焼け止めは必要なの?メリットとデメリットは?

赤ちゃんの日焼け止め落とし方は?どう塗ればいいの?

赤ちゃんの日焼け止めは口コミで評価の高いものを活用しよう!

赤ちゃんにはオーガニックの日焼け止めが良いの?選び方はこれ!

AdSense

Sponsored Link

 - 赤ちゃんの日焼け止め , , ,