育児子育てあるある大百科

育児子育てに関する悩みはつきませんよね。母乳育児や卒乳時期、離乳食レシピ、美容、ダイエット、子育て支援、給付金、育児休業など、育児子育てに役立ついろいろな情報を、がんばっているママにお届けしますね。

*

赤ちゃんの鼻水!病院に行く目安は?放っておくとどんな危険があるの?

   

赤ちゃんは少しの刺激にも敏感に反応してしまいます。

それは鼻も同じです。

少しの刺激でも鼻水が出てしまいます。

ちょっと鼻水が出ているだけなら、病院へ行かずに様子を見ても良いかもしれません。

ただ、「よくあることだから」と甘く見てはいけません!赤ちゃんの鼻水を放っておくと、悪化して思わぬ体調不良を招くこともあるんですよ。

家で様子を見る時も、赤ちゃんの様子を注意して見て、必要があれば病院へ連れて行かなくてはいけませんよね。

今回は赤ちゃんの鼻水を放っておくとどんな危険があるのかについて紹介します。

また、病院へ連れて行く目安についても紹介します。

Sponsored Link

赤ちゃんの鼻水!病院に行く目安は?

赤ちゃんの鼻水、放っておくとどんな危険があるの?

赤ちゃんの鼻は、大人と比べると粘膜が薄いため、刺激に弱くなっています。

そのため、乾燥やほこり、室内から外へ出た時の温度変化だけでも鼻水がでることがあります。

風邪の引きはじめなどにも鼻水が出るのですが、症状が鼻水だけで熱がない場合などは、他の病気を貰ってしまっては困るので、むやみに病院へ行かずにホームケアしたいと思うママも多いはず。

ただ、赤ちゃんの鼻水は、悪化すると他の症状を引き起こすことがあります。

Sponsored Link

中耳炎

赤ちゃんなど、小さな子供に多い中耳炎。

鼻水に含まれる菌が耳に入り、炎症をおこす病気です。

痛みを伴うため、赤ちゃんにとってとても辛い病気です。

また、放っておくと難聴になることもあるので、早めの治療が大切です。

症状としては、鼻水の他に、発熱、耳の痛みがあり、悪化すると鼓膜が裂けて耳だれが出ます。

何かを飲み込む時に痛みがあるので、おっぱいやミルクを嫌がることがあります。

赤ちゃんの機嫌が悪く、耳を気にするようであれば中耳炎の疑いがあります。

早めに耳鼻科を受診するようにしましょう。

副鼻腔炎

鼻の奥にある副鼻腔に菌が入り込み、膿が溜まる病気です。

こちらも痛みを伴う場合があります。

症状は、黄緑色の鼻水が出る、鼻がつまる、痰が絡み咳が出る、微熱が出るなどがあります。

こちらも早めに耳鼻科を受診するようにしましょう。

副鼻腔炎の場合、6ヶ月以上の赤ちゃんからかかると言われていますので、6ヶ月を過ぎた赤ちゃんは特に注意して症状をみてあげてくださいね。

赤ちゃんを病院へ連れて行く目安は?

赤ちゃんの鼻水を放っておくと怖いとはわかっていても、ちょっとした鼻水ですぐに病院を受診するのは不安ですよね。

他の病気をもらってしまう可能性もありますから、あまり病院に行きたくないというのがママの本音でしょう。

そんな時に受診の目安となる症状を紹介します。

  • 発熱している
  • 咳がでる
  • 鼻水に色がついている(黄色、緑など)
  • 鼻がつまり、おっぱいやミルクが飲めない
  • 夜眠れない
  • 目ヤニがでる

鼻水の他にこのような症状がある場合は、早めに病院を受診するようにしてくださいね。

まとめ

赤ちゃんの場合、中耳炎や副鼻腔炎になりやすいので、鼻水以外に耳や顔を気にするなどの症状がある場合は、早めに耳鼻科を受診してくださいね。

中耳炎や副鼻腔炎は痛みと伴うため、赤ちゃんにとっても辛い病気です。

早めの受診で、症状が悪化する前に治してあげたいですね。

赤ちゃんは自分で体調を伝える事が出来ませんよね。

そのため、気づいた時には症状が進行しているという可能性もあります。

「たかが鼻水」と思わずに、注意して体調の変化がないかを見てあげてくださいね。

病院を受診する際、明らかに中耳炎や副鼻腔炎の症状がある場合は耳鼻科を受診すると良いでしょう。

判断に迷った場合は、まずはかかりつけの小児科に相談し、必要があれば耳鼻科を紹介してもらうと良いですよ。

AdSense

Sponsored Link

 - 乳児鼻水 , ,