育児子育てあるある大百科

育児子育てに関する悩みはつきませんよね。母乳育児や卒乳時期、離乳食レシピ、美容、ダイエット、子育て支援、給付金、育児休業など、育児子育てに役立ついろいろな情報を、がんばっているママにお届けしますね。

*

赤ちゃんの鼻水の吸い方で口を使ったやり方は?

   

風邪だったり、アレルギーだったり、赤ちゃんが鼻水を出すことって意外と多いですよね。

赤ちゃんはデリケートですから、風邪などの体調不良以外でも、ちょっとホコリなどの異物が入っただけでも鼻水が出ますし、温度変化に反応しただけでも鼻水が出る事もあります。

しかも、一度出始めるとなかなか止まらなくなってしまうものです。

ただ、この鼻水、放っておくと悪化したり、他の症状を引き起こすこともあるんですよ。

今回は、赤ちゃんの鼻水を放っておくとどんなことが起こるのか、また鼻水が出て苦しそうな時に、口を使って出す、その吸い方を紹介したいと思います。

Sponsored Link

赤ちゃんの鼻水の吸い方で、口を使ったやり方は?

赤ちゃんの鼻水、放っておくとどうなるの?

「たかが鼻水だから……」

「赤ちゃんはよく鼻水をだすものなんでしょう?」

確かに赤ちゃんの鼻は敏感なので、ちょっとしたことでも鼻水が出ます。

でも、「たかが鼻水」と思って放っておいてはいけないのが、赤ちゃんの鼻水なんです。

赤ちゃんは、基本的に鼻呼吸をしています。

おっぱいを飲む時も鼻呼吸をしています。

だから、鼻が詰まってしまうと、呼吸にも影響が出てしまうし、おっぱいも上手に飲めなくなってしまうんです。

眠る時も寝苦しく、熟睡できないこともあります。

更に、鼻水を放っておいた場合に怖いのが「中耳炎」です。

鼻水に含まれているウイルスや細菌が耳に入り込むと、中耳炎になることがあります。

中耳炎は痛みを伴いますし、悪化すると難聴になることもあるので、予防するためにも鼻水対策をしてあげましょう。

Sponsored Link

口を使った鼻水の吸い方はこれ!

鼻水対策をするとはいっても、赤ちゃんはまだ自分で鼻をかむことはできませんよね。

ティッシュやガーゼで拭いてあげても追いつかないくらい鼻水が出ている時は、鼻水を吸ってあげると良いでしょう。

耳鼻科で鼻水を吸引してもらう事もできますが、ホームケアも可能です。

鼻水の吸引機で吸うのが一般的によく行われています。

吸引機は赤ちゃん用品店や、ドラッグストアで売られています。

ネットショップで買う事もできます。

手元に吸引機が無い場合は、直接口で吸う事も出来ます。

吸い方としては、赤ちゃんを寝かせて、直接口を赤ちゃんの鼻にあてて吸います。

吸い方のポイントは、鼻を片方ずつ吸ってあげる事です。

赤ちゃんが嫌がって暴れることがあるので、可哀想かもしれませんが、動かないように押さえて行いましょう。

口を使った吸い方は、吸引機が市販されていなかった昔から行われているのですが、デメリットがあります。

それは、ウイルスや菌を含んだ鼻水を口で吸ってしまうので、風邪がうつりやすいという事です。

できれば吸引機を用意しておいた方が良いのですが、何もない時のために口での吸い方も覚えておくと良いですね。

まとめ

赤ちゃんは鼻水を出しやすいものですが、「たかが鼻水」と放っていると、中耳炎にもなりかねないので、注意が必要です。

そこまで悪化しない場合でも、赤ちゃんがミルクを上手に飲めなかったり、苦しくてよく眠れなかったりするので、できるだけこまめに鼻水を取ってあげたいですね。

吸引機が無い場合は、口で吸ってあげても良いでしょう。

吸い方は簡単ですが、口に鼻水が入ってしまうため、風邪をうつされやすいというデメリットがあります。

吸った後のうがい等はしっかりと行いましょう。

ママがダウンしてしまっては元も子もありませんからね。

AdSense

Sponsored Link

 - 乳児鼻水 , , ,