育児子育てあるある大百科

育児子育てに関する悩みはつきませんよね。母乳育児や卒乳時期、離乳食レシピ、美容、ダイエット、子育て支援、給付金、育児休業など、育児子育てに役立ついろいろな情報を、がんばっているママにお届けしますね。

*

乳児湿疹に効く馬油とは?正しい使い方は?

   

生後間もない赤ちゃんのお肌に赤いプツプツができたり、黄色いかさぶたができることがあります。

これは、「乳児湿疹」とよばれる赤ちゃんの肌トラブルです。

赤ちゃんの皮脂分泌が過剰だったり、逆に乾燥しているせいで出来ることが多く、大勢の赤ちゃんが経験するものです。

見ていると心配になりますが、きちんとケアをしていれば、たいていの場合は徐々におさまってきます。

この「乳児湿疹」のケアで一番大切なのが、「肌を清潔にすること」と、「保湿をすること」です。

保湿と言っても、大人と同じボディクリームを塗るわけにはいきませんよね。

では、何を使えば良いのでしょうか。

デリケートな赤ちゃんのお肌に使えておススメなのが「馬油」です。

この馬油、ただ保湿するだけでなく、乳児湿疹にうれしい効果があるんですよ!
今回は「馬油」について紹介したいと思います。

Sponsored Link

乳児湿疹に効く馬油とは?

馬油って何?乳児湿疹に効くの?

馬油とは、その名と通り、馬の脂です。

馬のたてがみや尻尾から抽出した天然成分100%のオイルです。

人間の皮脂に近い成分で構成されているので、新生児に塗っても問題ないと言われています。

また、天然成分100%なので、もしも赤ちゃんが舐めてしまっても害がないので、安心して使うことが出来ますね。

母乳育児中の乳首ケアにも勧められることがあるので、使ったことがあるママもいるかもしれません。

赤ちゃんがもし乳首に残った馬油を舐めてしまっても問題ないから、乳首のケアに使われているんですね。

馬油は古くから、肌荒れ、シミ、火傷など様々な症状に効果があるとして使われてきました。

それは、馬油には保湿効果や、抗炎症作用、血行促進作用があるためです。

この馬油の効能が、乳児湿疹にも効果を発揮してくれるのです。

まず、保湿効果が高いので、赤ちゃんの肌を乾燥から防ぎ、バリアを作ってくれます。

また、抗炎症作用、殺菌作用がある上、浸透力が高いので、毛穴の奥の汚れを殺菌してくれるのです。

更に、馬油に含まれる「α-リノレン酸」という成分が、余分な皮脂の分泌を抑えてくれます。

乳児湿疹は皮脂の過剰分泌が原因の場合も、乾燥が原因の場合もありますが、その両方に効果を発揮してくれるので、馬油が乳児湿疹に良いと言われているのです。

Sponsored Link

馬油の正しい使い方は?

馬油は、1日2回、朝と夜に使うのがおススメです。

特にお風呂あがりのお肌が潤っている時に、馬油で潤いを閉じ込めてあげると保湿効果が高まります。

乾燥が酷い場合は、ベビーローションで水分を与えた上に馬油を塗っても良いでしょう。

馬油は伸びが良いので、少量をよく伸ばして使いましょう。

乳児湿疹のケアの場合は、馬油をベタベタに塗ると、皮膚をふさいで汗が発散できなくなってしまう可能性があるので、注意しましょう。

(用途が乳児湿疹ではなく、おむつかぶれやよだれかぶれの場合は、やや多めに塗って肌を保護してあげると良いです)
馬油は天然成分なので、副作用はほとんどないと言われています。

しかし、赤ちゃんの肌は非常にデリケート。

赤ちゃんによっては、馬油に含まれる不純物のせいで乳児湿疹が悪化してしまう場合があります。

使用する前には、湿疹ができていない所に少量塗って、赤くなったりしないか確認してくださいね。

また、馬油は酸化しやすいので使用後はふたをしっかりしめて冷暗所で保管し、早めに使い切るようにしましょう。

まとめ

馬油は天然成分でできており、赤ちゃんに使っても安心な保湿剤です。

殺菌作用や抗炎症作用があるため、乳児湿疹のケアに使え、デリケートな赤ちゃんの強い味方です。

ただし、どんなに良い物でも、体質的に合わないという場合もあります。

まずは少量を試し、赤ちゃんの肌に変化がないか確認してあげてくださいね。

また、馬油を使ってケアを続けても、なかなか症状が良くならなかったり、悪化しているようなら、早めに小児科や皮膚科を受診するようにしましょう。

少しでも早く乳児湿疹が消えるよう、しっかりケアをしてあげてくださいね!

AdSense

Sponsored Link

 - 乳児湿疹 , ,