育児子育てあるある大百科

育児子育てに関する悩みはつきませんよね。母乳育児や卒乳時期、離乳食レシピ、美容、ダイエット、子育て支援、給付金、育児休業など、育児子育てに役立ついろいろな情報を、がんばっているママにお届けしますね。

母乳育児

母乳育児で痩せる!? なぜ?理由を徹底解説!

投稿日:2016年1月23日 更新日:

母乳育児は人生最大のダイエットチャンス!!痩せる理由を徹底解説!

どんなお母さんでも、妊娠中は体重が増えてしまいます。

そして、赤ちゃんを産んだからといってすぐに戻るわけではありません。

早く元の体重に戻りたい、きれいな体型を取り戻したい!そう願うのは女性なら当然ですよね。

でも心配はご無用です。

産後すぐに始まる母乳育児があなたのダイエットを強力サポートしてくれます!!

Sponsored Link

 

妊娠中に蓄積された脂肪は落としやすい

妊娠中、お母さんの体内ではプロゲステロンというホルモンが多く分泌されます。

これは妊娠・出産の際消費されるエネルギーを事前に蓄えるよう体に指示する働きがあるため、当然お母さんの体は脂肪を蓄えやすくなります。

その上、母体に蓄えた脂肪はお腹の赤ちゃんの栄養となってどんどん消費されるのですから、お母さんは通常より空腹感を感じてたくさん食べてしまうケースが多いのです。

また、お腹が大きくなると運動しにくくなり、筋力が低下するため基礎代謝が下がって太りやすくなってしまいます。

しかし妊娠中に蓄積された脂肪は流動性脂肪と呼ばれ、水分を多く含んだ柔らかい性質があり、通常の皮下脂肪よりも簡単に燃焼させることが可能なのです。

ハードな運動やカロリー制限をする必要はありません。

出産後、身軽になったらダイエットの大チャンス。

無理のない範囲で挑戦してみてください。

Sponsored Link

母乳育児はダイエットチャンス

母乳育児はダイエットチャンス

母乳作りは大量のカロリーを消費。体は太りにくい状態に

母乳育児をされている方なら、意外なほど楽に体重を落とすことができるでしょう。

なぜなら、母乳を作るには大量のカロリーが消費されているため、通常よりもお母さんは痩せやすくなっているためです。

消費カロリーが摂取カロリーを大幅に上回っていれば、痩せないはずがありません。

ただし、母乳育児をしているからと安心して過食していると、消費されなかったカロリーは再び脂肪として蓄えられてしまうので注意が必要です。

通常、母乳を作るには1日約700キロカロリー消費されます。

間食する時はこれを下回るカロリー摂取に抑えている限り太ることはありません。

食事は栄養バランスを考え十分摂りましょう。

炭水化物を少なめに、野菜類を中心におかずをたくさん食べると良いです。

 

程度なエクササイズで筋力をつけて基礎代謝をアップ

脂肪を燃焼させるためには、筋肉を鍛えて基礎代謝を上げることが重要です。

しかし、出産直後のお母さんの体は大手術を終えた後と同じ状態ですので、しばらくはできるだけ横になって体力回復に努めなくてはいけません。

悪露がなくなった頃から、自宅でできる簡単なエクササイズに取り組みましょう。

実は、育児に追われているお母さんは特に運動しなくても、暴飲暴食していない限り体重が減っていきます。

それだけ育児にエネルギーを使っているからです。

体重だけなら1年以内にほとんど元に戻るでしょう。

しかし、体型を元に戻すにはそれなりの努力が必要です。

たとえば、たるんだお腹を引き締めるには、腹筋エクササイズが有効です。

産後腹筋のエクササイズ

やり方は、まず仰向けに寝転がり、肩幅に足を開いて両膝を立てます。

両腕を前で組んだ状態でゆっくりと息を吐きながら上半身を起こすのです。

10秒ほどかけてください。

完全に上半身を起こしたら、今度は同じようにゆっくりと元に戻します。

これを一日何回か繰り返すことで腹筋が鍛えられ、基礎代謝が上がると同時にお腹も引き締められます。

 

骨盤矯正エクササイズは産後すぐに開始できる

ハードな運動ができない出産直後のお母さんも、骨盤矯正エクササイズならすぐに始められます。

出産で開いた骨盤が元にもどらず歪んでしまうと、腰痛やスタイルの崩れの原因になってしまうので、必ずやってください。

手始めとして、骨盤ベルトを装着し、お風呂やトイレに入るとき以外はずっと締めておくようにしてください。

骨盤ベルトはお腹の皮のたるみも引き締めてくれる効果があるので重宝します。

ベルトを装着しながら簡単なエクササイズを取り入れるとより効果がアップします。

仰向けに横になり、下腹部を意識してお尻を引き締めるエクササイズなら、産後すぐに始められます。

数秒引き締め、数秒緩める運動を繰り返しましょう。

くれぐれも体に負担のないように行ってください。
このように、産後のお母さんは「痩せやすく太りにくい」状態になっていますから、妊娠中に増えすぎた体重を落とすには絶好のチャンスです。

特に母乳育児をされている方は人生最大のダイエットチャンスだと思って良いでしょう。

でも、決して無理はしないでください。

お母さんの健康があってこそ、赤ちゃんが健やかに成長できるのです。

ダイエットのし過ぎで母乳の質を低下させてはいけません。

適度な運動と腹八分目。

これを意識していれば必ず元の体重に戻れます。

↓骨盤矯正エクササイズの動画です。ご参考に^^

ベビカム「産後ママにおすすめ!骨盤矯正エクササイズ」

 

↓産後ダイエットに関連する記事はこちら

母乳育児中のダイエット~食事編~

-母乳育児

執筆者:

関連記事

電気代ゼロ!魔法瓶で超簡単甘酒作り

授乳中に酒粕や米麹で作った甘酒を飲んでも大丈夫?

お正月になると、よく甘酒が振る舞われますよね。 寒い季節に温かい甘酒を飲むと、身体がポカポカして身体も気持ちも温かくなりますね。 ただ、授乳中のママにとって気になるのがアルコールです。 「甘い酒」と書 …

母乳育児の悩みで乳首を噛むときは?

母乳育児の悩み、乳首を噛む、理由や対策方法は?

母乳育児の悩み、噛む 出産し母乳で子供を育てている・育てた母親の大半が経験してること。 そう、赤ちゃんが授乳中にお母さんの乳首を噛むということです。 何もかもが始めての子育ての中、そのことで悩まれた方 …

母乳育児

母乳育児は風邪ひきやすい!?原因は?

母乳育児で風邪をひきやすくなる!?それは免疫力の低下が原因! 母乳育児を何カ月もしていると、最近風邪をひきやすくなったかも、と感じるお母さんが意外と多いようです。 風邪以外でも口内炎や胃腸トラブルにか …

オッパイにしこりが・・・乳がん?乳腺炎?

母乳育児でしこりが・・・乳がん?乳腺炎?

母乳育児中に気付いたしこり、もしかして「乳がん」!? 授乳期間中は、乳房ケアをしたり搾乳したりするので普段より乳房に触る機会が増えます。 そんな時、胸にしこりを発見して驚くことがあります。 「もしかし …

母乳育児の悩みの一つ、赤ちゃんの体重

母乳育児最大の悩み、赤ちゃんの体重!どのくらい増えれば良いの?体重を増やすにはどうすればいいの?

母乳育児は悩みがつきものです。 その中でも最大の悩みは「母乳が足りているかどうか?」ではないでしょうか。 赤ちゃんがどのくらい母乳を飲んでいるかを、ミルクのように確認することはできません。 だから、赤 …

応援クリックよろしくお願いします。


母乳育児 ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Sponsored Link