育児子育てあるある大百科

育児子育てに関する悩みはつきませんよね。母乳育児や卒乳時期、離乳食レシピ、美容、ダイエット、子育て支援、給付金、育児休業など、育児子育てに役立ついろいろな情報を、がんばっているママにお届けしますね。

*

母乳育児中に風邪に葛根湯(漢方薬)を飲んでも大丈夫なの?

   

母乳育児中は慣れない育児や昼夜問わない授乳など疲れが溜まり、風邪を引いてしまうことも少なくありません。

母乳育児中は薬を飲むのは抵抗がある方も多いですよね。

母乳育児中や妊娠中は漢方薬が良いとよく耳にしますが、漢方の中でも最も有名な葛根湯は服用しても大丈夫なのでしょうか?

何も飲まないのは辛いけど、赤ちゃんに影響がないのか1番気になりますよね。

Sponsored Link

授乳中の葛根湯は大丈夫?

授乳中の葛根湯は大丈夫?

母乳育児中に葛根湯を飲んでも大丈夫?

葛根湯は漢方の中でも効き目がおだやかで服用しやすい漢方です。

風邪以外にも乳腺炎の時も処方され母乳育児中でも安心して飲める漢方薬です。

ただし風邪のひきはじめじゃないと効果がでにくいので、ゾクゾクと寒気がしたり、頭痛や筋肉の痛みがあるなど、風邪の初期症状が見られたらすぐに飲むのがオススメです。

また、葛根湯は市販でも売っており、手に入りやすい漢方ですが市販には顆粒タイプ、錠剤タイプ、ドリンクタイプなど様々あります。

メーカーもカネボウ、クラシエ、ツムラなどいろんなメーカーのものがあります。

成分は同じですが、メーカーによって成分量は変わってくるので、薬局で薬剤師さんに聞くと授乳中は控えた方が良いと言われる場合もあります。

なので、自己判断で購入服用せず、必ずかかりつけの医師に相談してから服用しましょう。

葛根湯を服用した時の影響は?

葛根湯の成分

葛根湯の成分

葛根湯は安心して飲める漢方で、赤ちゃんにも影響はほとんどありません。

葛根湯はマオウ(麻黄)という成分で、これには興奮作用があり、この成分が母乳に溶け、赤ちゃんが母乳を飲むことで頻脈が出たり顔がほてったりなどの症状が出る可能性はあります。

しかし、母乳に成分が溶ける量は100分の1程度であり、めったに赤ちゃんに影響が出ることはありません。

中にはその成分に敏感な赤ちゃんもいますので、飲んでいるあいだは念の為赤ちゃんの体調、機嫌などにも注意してみるようにしましょう。

また、飲むタイミングに注意するとさらに心配ないかと思います。

葛根湯を飲んだ後成分のピークは30分~2時間と言われています。

授乳後すぐに飲んだとして4時間程度あけて次の授乳をすれば成分は体外に排出されます。

また、葛根湯飲む時は胃に何も入ってない食後2時間くらいたった頃がいいので、飲むタイミングと授乳のタイミングをあわせるようにしましょう。

心配であれば葛根湯を飲んだ次の授乳の時だけミルクに変えるのもいいかもしれません。

しかし長いこと母乳ではなくミルクにしてしまうと母乳がでにくくなってしまうので、そこにも注意しましょう。

 

葛根湯は母乳育児中でも安心して飲める漢方です。

飲むタイミングを考え、授乳直後に飲むようにし、飲む際は自己判断で飲まず必ずかかりつけの医師に相談してから服用するようにしましょう。

また葛根湯は母乳の出がいい人にはうまく調整する作用が、悪い人には出るような作用が。

またお母さんが葛根湯を飲んでその母乳を赤ちゃんが飲むことで黄疸予防になるとも言われています。

万が一母乳育児中に風邪をひいてしまったら薬ではなくまず漢方である葛根湯を飲むのがいいでしょう。

AdSense

Sponsored Link

 - 母乳育児