育児子育てあるある大百科

育児子育てに関する悩みはつきませんよね。母乳育児や卒乳時期、離乳食レシピ、美容、ダイエット、子育て支援、給付金、育児休業など、育児子育てに役立ついろいろな情報を、がんばっているママにお届けしますね。

*

夜泣きが1歳半になってもおさまらない原因は?もしかすると夜驚症かも?

   

夜泣きは子育て中のパパママを悩ませるものの一つですよね。

夜泣きは生後半年くらいから始まり、1歳半頃にはおさまってくることが多いようです。

ただ、かなり個人差があります。

「夜泣きは1歳半にはおさまると聞いていたのに、全然おさまらないじゃないか!」

1歳半頃にはおさまる!と思って耐えてきたパパやママは、そう嘆きたくなるかもしませんね。

ただ、1歳半は、できるようになることがグンと増えるうえ、周りからの刺激も受けやすい時期です。

刺激が多い1歳半だからこそ、夜泣きをしてしまうという場合もあるのです!

では、実際にどんなことが原因で夜泣きをしてしまうのでしょうか。

考えられる原因を紹介します。

また、ただの夜泣きだと思っていたら、実はそうではなかったというパターンについても紹介したいと思います。

Sponsored Link

夜泣きが1歳半になってもおさまらない原因は?

1歳半になっても夜泣きがおさまらない原因は?

一般的には、1歳半頃になると夜泣きがおさまってくると言われますが、実際のところ、1歳半で夜泣きをすることは決して珍しい事ではありません。

今までは夜泣きをしなかったのに、1歳半で夜泣きが始まるという子もいます。

一体なぜでしょうか。

1歳半というと、歩ける子が増えてきますよね。

歩けるようになると、行動範囲がグッと広がり、外部から受ける刺激もグンと増えます。

また、この時期になると「ママ」「マンマ」などの単語を話す子もいます。

言葉を覚えるということは、それだけたくさんの情報を得ているということです。

外部からの刺激や、情報量が一気に増える時期だけに、日中に受けた刺激を消化しきれず、夜寝ているときに思い出したり、夢に見たりします。

そのことが原因で夜泣きをしてしまうのです。

もちろん、生活リズムの乱れが原因で夜泣きすることもありますが、心あたりが無い場合は、お子さんが急成長している証しかもしれません。

パパママにできることは、今まで通り生活リズムを整えてあげる事。

夜泣きがひどい場合は、日中の刺激を減らしてみたり、午後は慣れた環境でゆっくり過ごすなどして、気持ちを落ち着かせてあげると良いかもしれませんよ。

Sponsored Link

その夜泣き、もしかすると夜驚症かも?

夜泣きがなかなかおさまらない時に、少し気にかけて欲しいのが「夜驚症」の可能性です。

夜泣きがあまりに激しくて驚いたことはありませんか?
ただ泣くだけでなく、叫んだり、手足をバタバタさせて暴れたり、呼びかけても耳に入っていないような場合は「夜驚症」の疑いもあります。

夜驚症は睡眠障害の一つです。

子供の約3%が経験するとも言われ、決して珍しいものではありません。

寝入ってから2時間程度の眠りが深い時に起こることが多く、何かを怖がっているように泣き叫びます。

いわゆる寝ぼけと同じ状態で、翌朝本人にきいても覚えていないこことが多いようです。

原因ははっきりわかっていませんが、疲労や日中の緊張などが原因だと考えられています。

夜驚症も決まった対処方法や治療などはなく、成長とともにおさまるのを見守るしかありません。

ただ、睡眠不足が原因とも言われているので、意識して睡眠時間を増やしたり、リラックスできるようなケアをしてあげましょう。

また、ごく稀にですが、てんかんが原因で夜驚症がおこることもあるので、他におかしい点がないか注意して見守ってあげてください。

まとめ

なかなか夜泣きがおさまらないと、パパやママは悩み、疲れてしまうかもしれません。

「もう1歳半なのに……」

そう思うかもしれませんが、成長著しい1歳半だからこそ、夜泣きが起こっている可能性もあります。

パパママにできるのは、子供が日中の刺激を消化できるように、リラックスさせてあげること。

生活リズムを整えてあげることくらいかもしれません。

睡眠不足は辛いですが、子供が成長している証しだと思って見守ってあげたいですね。

AdSense

Sponsored Link

 - 夜泣き , ,