育児子育てあるある大百科

育児子育てに関する悩みはつきませんよね。母乳育児や卒乳時期、離乳食レシピ、美容、ダイエット、子育て支援、給付金、育児休業など、育児子育てに役立ついろいろな情報を、がんばっているママにお届けしますね。

*

赤ちゃんが下痢になる原因は?対処法はコレ!

   

赤ちゃんのうんちはやわらかく、回数も多いですよね。

特に母乳で育っている赤ちゃんのうんちはやわらかいことが多いです。

そんな赤ちゃんのうんちが、普段よりも水っぽい時や回数が多い時は下痢かもしれません。

赤ちゃんが下痢になってしまったらとても心配ですよね。

赤ちゃんが下痢になる原因はどのようなものがあるのでしょうか。

また、下痢になったら少しでも症状を和らげ、早く治るようにしてあげたいですよね。

どんなケアをしてあげれば良いのでしょうか。

今回は赤ちゃんが下痢になる原因と、お家でのケア方法について紹介したいと思います。

Sponsored Link

赤ちゃんが下痢になる原因は?

赤ちゃんが下痢になる原因は?

赤ちゃんが下痢になる原因で最も多いのが、ウイルスや細菌に感染して起こるものです。

ウイルスや細菌に感染すると、腸の消化吸収の機能が落ちてしまいます。

そのため、水分が吸収されず下痢になるのです。

風邪やインフルエンザ、ロタウイルス、急性胃腸炎などがこれにあたります。

他には、赤ちゃんが離乳食を始めると、アレルギーによる下痢も起こりやすくなります。

卵や牛乳など、食べ物へのアレルギー反応が原因で下痢になる場合があります。

また、アレルギーではなくても、食べ物が原因で下痢になることがあります。

食物繊維の多い食べ物や糖分の多い食べ物をうまく消化吸収することができず、下痢になることが有ります。

乳製品や冷たい物の摂り過ぎで下痢がおこることもあります。

Sponsored Link

赤ちゃんが下痢になった時の対処法は?

もし、赤ちゃんがぐったりして飲み物も受け付けない場合や、嘔吐や発熱を伴う場合はすぐに病院を受診するようにしてください。

下痢をしていても、おっぱいや水分を摂ることができ、機嫌も良い場合はお家で様子をみても良いでしょう。

家で様子をみる際は、水分補給がもっとも重要です。

下痢で怖いのが脱水症状です。

下痢になると消化吸収機能が落ち、うまく水分を吸収できないので、こまめに水分を摂らせて脱水を防ぎましょう。

ミルクの他、離乳食が始まっているのであれば、白湯や麦茶、ジュース(柑橘系以外)などを少しずつ飲ませても良いでしょう。

下痢を起こしているときには、離乳食の段階を落としても良いでしょう。

おかゆやうどんなどの消化の良い物を、少しずつ数時間おきに食べさせましょう。

また、便の回数、色やにおいを記録しておくと、後で病院を受診することになっても診察がスムーズになります。

体調が落ち着くまでは、記録を残しておくと良いでしょう。

まとめ

赤ちゃんは腸の機能が未発達なので、消化吸収がうまくいかずに下痢を起こすことも多いです。

普段より便が水っぽい、回数が多い、色やにおいが違うなど、気になる点があったら、赤ちゃんの様子を注意してみてあげてください。

赤ちゃんのうんちは元々やわらかく、下痢かどうかの見分けがつきにくいものですが、いつも赤ちゃんを見ているパパやママの「ちょっとおかしいかな?」という勘は、実はとても重要なんですよ。

もし、下痢の他に嘔吐や発熱などの症状がある場合は、ウイルス性・細菌性の下痢の可能性もあります。

その場合は病院での治療が必要になりますので、すぐに病院を受診してくださいね。

AdSense

Sponsored Link

 - 乳児下痢 , , ,