育児子育てあるある大百科

育児子育てに関する悩みはつきませんよね。母乳育児や卒乳時期、離乳食レシピ、美容、ダイエット、子育て支援、給付金、育児休業など、育児子育てに役立ついろいろな情報を、がんばっているママにお届けしますね。

*

赤ちゃんの咳は長引く!?その原因は?考えられる病気は何?

   

赤ちゃんの体調が悪いと、お母さんは自分のこと以上に心配になるものですよね。

特に赤ちゃんの咳はなかなか治らない事が多いものです。

「風邪をひいて、熱は下がったのに咳がおさまらない」

「激しく咳き込んで、見ていて可哀想……」

「咳以外の症状はないのに、なかなか治らない」

心配は尽きませんよね。

でも、赤ちゃんの咳が長引くのは、珍しい事ではないんです。

咳が長引いていても心配いらないことも多いんです。

ただし、長引く咳が特徴の病気もありますから、油断はなりません。

今回は、赤ちゃんの咳が長引きやすいという理由と、咳が長引く場合に考えられる病気について紹介したいと思います。

Sponsored Link

赤ちゃんの咳は長引く!?

赤ちゃんの咳が長引きやすいのはなぜ?

軽い風邪で咳をしている場合、2週間程度で咳がおさまることが多いのですが、赤ちゃんの場合は、長引くことがあります。

中には1ヵ月から2ヵ月も続いてしまう事もあります。

病院で処方された薬を飲んでもスッキリ治らず、「いつになったら治るの?」と不安になったことがあるお母さんもいるのではないでしょうか。

赤ちゃんは自分で痰を出すのが上手ではありません。

また、元々大人に比べて気管がせまいため、小さな異物にも反応して咳が出ます。

更に、気道の炎症が強かった場合は、気道が過敏な状態が暫く続いてしまいます。

気道が過敏な間は、冷たい空気や乾燥、運動などのちょっとした刺激でもすぐに咳き込んでしまいます。

そのため、咳が長引きやすいのです。

Sponsored Link

咳が長引く時に考えられる病気は?

注意したいのは、長引く咳が風邪によるものでない場合です。

どのような原因が考えられるのでしょうか。

副鼻腔炎

ウイルスやアレルギーを原因として起こる病気です。

副鼻腔という鼻の奥の空洞に炎症がおこります。

鼻水や鼻詰まりをともなう咳の場合は、副鼻腔炎の可能性があります。

中耳炎を併発することがあるので注意が必要です。

小児科の他に耳鼻科で診察してもらえます。

ぜんそく

ゼーゼーという胸の音が聞こえる場合は、ぜんそくの疑いがあります。

小児ぜんそくの多くはアレルギーが原因で起こります。

アレルギーの原因物質(ダニ、ホコリなど)を除去することが大切です。

百日咳

1歳以下で、予防接種が完了していない場合、百日咳の可能性もあります。

初期症状は咳の他に鼻水などを伴い、風邪とよく似ています。

2週間以上咳が続いたら疑われる病気です。

マイコプラズマ感染症

咳が平均で30~45日続きます。

微熱がでることもあり、一部の赤ちゃんは高熱が出て、肺炎を起こすこともあります。

抗生剤を用いて治療します。

まとめ

赤ちゃんは自分で痰を出すのが上手でなかったりと、様々な理由で咳が長引くことがあります。

小児科を受診して治療を行っているのであれば、咳がなかなか完治しなくても心配はいりません。

体調が急変することがないか注意しつつ、根気強く見守ってあげてください。

ただし、長引く咳が風邪以外の病気のサインであることもあるので、軽い咳であっても長く続く場合は病院を受診してください。

また、赤ちゃんの様子はしっかりと見てあげてくださいね。

急に熱が上がったり、激しく咳き込んだりすることがあれば、すぐに小児科を再受診するようにしましょう。

赤ちゃんの体調不良はお母さんにとってとても心配で、精神的な負担にもなりますが、一日でも早く咳がおさまるようケアしてあげてくださいね。

AdSense

Sponsored Link

 - 乳児の咳 , , ,