育児子育てあるある大百科

育児子育てに関する悩みはつきませんよね。母乳育児や卒乳時期、離乳食レシピ、美容、ダイエット、子育て支援、給付金、育児休業など、育児子育てに役立ついろいろな情報を、がんばっているママにお届けしますね。

*

母乳育児中の食事で ヨーグルトダメなものなの?

      2016/06/20

母乳育児中によく食事について気をつけなければいけないことを聞くと思います。

その中でも母乳育児をするときに必要なカルシウム。

これは産後の体力回復にも母乳育児をするにも大事な栄養素です。

カルシウムを食事でとる時手軽にとれるのがヨーグルトです。

お菓子やケーキを食べないためにも、手軽におやつとしても食べれるし、母乳育児の中の食事にヨーグルトを取り入れている人は多いのではないのでしょうか。

しかし、母乳育児中はヨーグルトも注意が必要なのです。

Sponsored Link

母乳育児中の食事で ヨーグルトダメなものなの?

母乳育児中の食事で ヨーグルトダメなものなの?

ヨーグルトが乳腺炎の原因にもなる?

ヨーグルトを始め乳製品は乳腺炎になりやすい食べ物にあげられます。

乳製品だけに母乳の出もよくでて良さそうだと思いがちですが、乳製品をとりすぎると乳汁が増えておっぱいが詰まりやすくなってしまうのです。

母乳育児中だけでなく、妊娠中に食べすぎるのも注意が必要です。

ヘルシーだし妊娠中にぴったりのヨーグルトですが、とりすぎると産後すぐから詰まったり逆に出にくくなったりいろいろなトラブルを引き起こす可能性があります。

全員が詰まるわけではありませんが、詰まりやすい方は注意が必要です。

ヨーグルト以外にもバターやチーズは詰まりやすい乳製品にあげられています。

Sponsored Link

ヨーグルトが原因?!赤ちゃんの湿疹

赤ちゃんの頬に湿疹がでるのはほぼみんなが経験する道ではないでしょうか。

その原因がヨーグルトの場合があるのです。

ヨーグルトだけでなくお母さんがとってる食事から赤ちゃんに湿疹が出る場合があります。

乳製品はアレルギーの原因になる食品の一つにあげられています。

もし赤ちゃんにアレルギーがなかったとしても、お母さんが毎日ヨーグルトなどの乳製品を取ることによって、赤ちゃんの湿疹が悪化してしまう恐れがあります。

ヨーグルトを食べたあとに授乳をしたら、赤ちゃんの頬が湿疹でジュクジュクになってしまったという話も聞いたことがありますので、授乳中の食事でヨーグルをはじめ乳製品を食べるのは注意が必要です。

赤ちゃんが牛乳アレルギーを持っていたら、お母さんも乳製品の摂取は禁止されます。

それほど母乳育児中の食事は大事なのです。

このように、母乳育児中にヨーグルトを食べることはとてもリスクがあるのです。

おっぱいが詰まりやすくない、また赤ちゃんに湿疹等見られないようであれば週に数回食べる分には問題ないでしょう。

自分がどうかなんて食べてみないと分からないものです。

試しに食べてみて赤ちゃんにたくさんの湿疹がでてしまうのは可哀想ですよね。

食べてみるのが不安であれば、カルシウムを取れる食品は他にもあるので他の食品で補うようにしましょう。

カルシウムをとるには小魚や豆製品、野菜などからもとれます。

胡麻やきな粉にも含まれていますので、これらで補いましょう。

また、便秘対策でヨーグルトをたべていたのであれば、他の発酵食品を取り入れてみましょう。

他にもたんぽぽコーヒーにも便秘解消の効果があります。

ノンカフェインですし、授乳中の飲み物におすすめです。

授乳中にはヨーグルトや乳製品を食べすぎないよう、他の食品と組み合わせながら栄養をとるようにしましょう。

 

↓母乳育児に関連する記事はこちら

授乳中の食事でヨーグルト以外食べていいもの・ダメなもの一覧?

AdSense

Sponsored Link

 - 母乳育児 , , ,