育児子育てあるある大百科

育児子育てに関する悩みはつきませんよね。母乳育児や卒乳時期、離乳食レシピ、美容、ダイエット、子育て支援、給付金、育児休業など、育児子育てに役立ついろいろな情報を、がんばっているママにお届けしますね。

*

卒乳したけどおっぱいが張って痛い!搾乳の方法は?

      2016/06/21

母乳育児を頑張ってきたママと赤ちゃんにとって、卒乳は一大イベントですね。

またひとつ成長した赤ちゃんを見るのはうれしくもあり、授乳が終わってしまうのは寂しくもあるかもしれません。

ただ、卒乳後もしばらくは母乳が作られます。

おっぱいがガチガチに張って痛い!という人は、キチンとケアをして、おっぱいトラブルを予防しましょう。

とはいえ、張ったからといって、今まで通りに搾乳していいのか迷いますよね。

ここでは、卒乳後の搾乳はした方が良いのか、その方法はどうすればいいのかについて紹介したいと思います。

Sponsored Link
卒乳したけどおっぱいが張って痛い!搾乳の方法は?

卒乳したけどおっぱいが張って痛い!搾乳の方法は?

卒乳したけどおっぱいが張って痛い!搾乳して良いの?

卒乳直前まで授乳回数が多かった人は、卒乳後、おっぱいがガチガチに張ることが多いです。

おっぱいをあげなくなっても、すぐに母乳が止まるわけではありません。

放っておくとしこりができ、乳腺炎に発展することもありますから、注意が必要です。

授乳中であれば、授乳をするか、搾乳をして母乳を出せばいいのですが、卒乳後はどうなのでしょう?

結論から言うと、卒乳後も搾乳は必要です。

授乳をやめ、まだ母乳が生産されている時期に搾乳もせずに放置すると、乳管が閉じてしまいます。

そうなると、乳腺炎になりかねませんし、最悪の場合、マッサージを受けても母乳が排出できず、乳腺外科で穿刺して抜き取るという事態になる場合もあります!
ただ、乳頭を刺激すると、余計に母乳が生産されてしまいます。

卒乳後は母乳の分泌を減らさなければいけませんから、授乳中と同じように搾乳してはいけません。

また、搾乳するとは言っても、頻繁に搾乳してはいけません。

Sponsored Link

卒乳後の搾乳方法は?

では、どうやって搾乳すれば良いのか紹介したいと思います。

卒乳後に搾乳する時は、「おにぎり搾り」で搾りましょう。

おにぎり搾りとは、大きなおにぎりを作るようなイメージで乳房全体を手のひらで包み、外側から内側に向けて搾ります。

その際、おっぱいがぺったんこになるまで搾るのではなく、少し圧を抜く程度にとどめましょう。

可能であれば、お風呂でシャワーを浴びながらやるとやりやすいですよ。

卒乳後3日くらいまでは、できるだけ我慢しつつ、おにぎり搾りで圧を抜き、更に3日後に搾乳し、1週間後、2週間後に搾乳……と、徐々に搾乳する間隔をあけていきます。

そして最後におっぱいのクリーニングをします。

おっぱいに残った母乳を完全に搾りきります。

自分で搾乳することもできますが、母乳外来などで搾乳してもらうと良いでしょう。

まとめ

卒乳後もしばらくは母乳が生産され続けますから、乳腺炎等のトラブルを起こさないよう、「おにぎり搾り」で搾乳し、時間をかけて母乳の分泌を止めるようにしましょう。

搾乳以外にも、おっぱいを冷やしたり、食事内容に気をつける(あっさりした和食にする)など、母乳が過剰生産されないように気をつけて下さい。

徐々に母乳の分泌を止め、最後に搾り切ることで、乳腺に古い母乳が残るのを防ぎます。

古い母乳が残ると、しこりが残ったり、次の授乳の機会に、スムーズに初乳が出なくなったりしますので、最後の最後まで、おっぱいのケアはしっかり行ってくださいね。

 

↓母乳育児に関連する記事はこちら

母乳育児でおっぱいがチクチク痛い原因は?

 

↓卒乳に関連する記事はこちら

卒乳後の正しいおっぱいケアのやり方と張って痛い時の対処法とは?

AdSense

Sponsored Link

 - 卒乳