育児子育てあるある大百科

育児子育てに関する悩みはつきませんよね。母乳育児や卒乳時期、離乳食レシピ、美容、ダイエット、子育て支援、給付金、育児休業など、育児子育てに役立ついろいろな情報を、がんばっているママにお届けしますね。

*

産後の出血はいつまで続くの?原因の悪露とは?量や色は?

   

出産という大仕事を終えてホッとしていたら、今度は出血が続いて驚いたというママもいるかもしれません。

自分が出産するまではなかなか知る機会がないですが、産後しばらくは「悪露」と呼ばれる出血が続くものなのです。

どの産後ママにも起こる出血なので心配はいりません。

ただ、初めて出産したママは、この出血がいつまで続くのか心配になるかもしれませんね。

そこで今回は、悪露とはどういう物なのか、いつまで続くのかについてまとめたいと思います。

また、悪露の量や色がどのように変化していくのかについても紹介します。

悪露は子宮の復古状態を見るバロメーターにもなりますので、参考にしてみてくださいね。

Sponsored Link

産後の出血はいつまで続くの?原因の悪露とは?量や色は?

産後の出血の原因「悪露」とは?

出産直後に起こる膣からの出血を「悪露」と言います。

「悪」という字が使われているので良くないもののように感じてしまうかもしれませんが、産後の女性には誰にでも起こる出血で、決して悪いものではありません。

ではこの悪露の正体が何かというと、「胎盤」「卵膜」「子宮内膜」「血液」「リンパ液」などが混じって膣から出て来たものです。

胎盤は赤ちゃんを出産した直後に排出されますが、全てが綺麗に排出されるわけではなく、残った胎盤のかけらなどが徐々に悪露として出てきます。

卵膜や子宮内膜など、出産を終えて不要になった組織も悪露として排出されます。

血液やリンパ液も、出産時に排出しきれなかったものが出て来たり、子宮の収縮に伴って周辺組織が傷つくことで生じたものが悪露に混じって出てくるのです。

これらが子宮の収縮に伴って排出されることで子宮の中が綺麗になり、子宮は妊娠前の状態に戻っていきます。

つまり、悪露は身体を妊娠前の状態に戻していくために排出されるものなのです。

決して悪い出血ではなく、むしろきちんと出てくれた方が良いものなんですね。

Sponsored Link

産後の出血はいつまで続く?

悪露は、産後の身体を妊娠前の状態に戻すためにも出た方が良いものです。

ただ、生理よりも多い出血がいつまでも続くとママは不安ですよね。

悪露は一体いつまで続くのでしょうか。

悪露がいつまで続くかは、個人差が大きい問題です。

子宮の収縮具合やママの体調に左右されます。

また、帝王切開で出産した場合は悪露が長引く傾向があります。

2か月程度続くことも珍しくありません。

これは、手術によって子宮を開くので、自然分娩よりも子宮の収縮が妨げられて悪露が長引くのです。

自然分娩の場合、一般的な目安としては、悪露は出産直後から産後3週間頃まで続きます。

産後1か月の検診の際には終わっていることが多いでしょう。

ただ、先程も述べた通り、悪露がいつまで続くかは個人差が大きいので、「1か月検診までに悪露が止まっていない!」「3週間もかからずに悪露が止まってしまった!」と不安になる必要はありません。

悪露の量や色の変化の仕方に異常がなく、激しい腹痛などの症状もないのであれば、大抵の場合は何ともないものです。

もし不安が残るようであれば、慌てずに1か月検診の際に相談してみましょう。

その時に、悪露の状態がどのように変化していったかが分かると、医師も診断しやすくなるので、悪露の量や色の変化を予めメモしておくと便利ですよ。

悪露の量と色の変化について

悪露の量と色は、子宮が順調に収縮しているかどうかを判断するバロメーターのひとつになります。

いつまでにどうならねばならぬということではなく、どのような経過をたどっているかが重要になります。

通常はどのような変化があるのかをまとめますので、参考にしてみてくださいね。

出産直後

出産直後の悪露の色は鮮血です。

出血量も多く、生理用のナプキンでは受けきれないことも多いので、専用のお産パッドを使いましょう。

出産後~産後1週間

悪露の量はまだまだ多い時期です。

ただ、出産直後に比べると悪露の量は徐々に減少していきます。

色も徐々に鮮血から茶色っぽい色に変化していきます。

これは血液が酸化してきているからです。

時間が経つと血液が鉄錆のような茶色に変化していくのと同じイメージです。

生理用のナプキンでも対応できるようになってきます。

生理の経血と似た生臭いようなにおいがします。

産後1週間~産後2週間

悪露の量は更に減っていきます。

色は茶色っぽい色から黄色っぽい色へと変化していきます。

生理の時のようなにおいも薄くなっていきます。

産後2週間~産後3週間

悪露の量はさらに減っていき、おりもの程度の量になっていきます。

色もクリーム色から透明へと変化していきます。

ここまでくると悪露も終了です。

このように、悪露の量が徐々に減っていき、色が鮮血から茶色、クリーム色から透明へと変化していけば、悪露は正常に終わっていったと言えます。

終わるまでの期間が多少違っても問題はありません。

終わるまでの過程をよく観察するようにしてくださいね。

腹痛などの違和感もなければ、おそらく子宮の戻り具合も正常でしょう。

もしも、茶色やクリーム色になっていた悪露が急に鮮血に戻った場合や、激しい腹痛を伴う場合はトラブルの可能性があります。

また、出産して間もないころであれば問題はないのですが、産後2~3週間経ってから血の塊が出てくる場合もトラブルの可能性があります。

このような場合は産院を受診するようにしてくださいね。

まとめ

産後に出血が続くのは「悪露」と呼ばれるものです。

はじめは量が多く鮮血状なので驚いてしまうかもしれませんが、出産を終えると共に不要になった胎盤の残りや卵膜、子宮内膜が排出されているものなので、心配はいりません。

悪露がきちんと出ているということは子宮の収縮が進んでいるということなので安心してくださいね。

自然分娩の場合、悪露は大抵産後1か月までには止まりますが、これは個人差が大きいもの。

多少期間が長引いても短くても、悪露の量や色の経過に異常がなければ心配はいりません。

ただ、産後に子宮がきちんと収縮しなかったり、感染症にかかる可能性もゼロではありません。

悪露の量や色に異常がある場合、いつまでも止まらない場合、身体に違和感がある場合は産院を受診するようにしましょう。

悪露は産後の体調を知らせるバロメーターのひとつ。

経過をよく観察して、自分の体調を知る手がかりにしてくださいね!

AdSense

Sponsored Link

 - 産後出血 , , , , , ,