育児子育てあるある大百科

育児子育てに関する悩みはつきませんよね。母乳育児や卒乳時期、離乳食レシピ、美容、ダイエット、子育て支援、給付金、育児休業など、育児子育てに役立ついろいろな情報を、がんばっているママにお届けしますね。

*

産後に胸が垂れるのはなぜ?垂れないためのブラジャー選びのポイントはこれ!

   

出産後、女性の胸はとても大きくなりますよね。

これは、赤ちゃんにおっぱいをあげるため、女性ホルモンの働きにより乳腺が発達するためです。

乳腺が発達すると、その周りにつく脂肪の量が増えるので、胸が大きくなるんですね。

おそらく自分の人生で最大級の大きさになった胸を見て、嬉しく感じている人は多いかと思います。

でも……油断してはいけません!

その大きな胸、放っておくと、母乳育児が終わった後に、見るも無残に垂れてしまうんです!

いったいどうして母乳が出なくなると胸が垂れてしまうのでしょうか。

今回は、産後に胸が垂れる理由と、それを防ぐための対策として、ブラジャー選びのポイントについてまとめたいと思います。

産後に胸が垂れるのはなぜ?

出産後、ほとんどの女性の胸が大きくサイズアップします。

個人差こそあれ、2カップ前後も大きくなる女性が多いようです。

まるく膨らんだバストは女性のあこがれですよね。

妊娠前はなかった谷間や、「タイトな服を着ると、胸元が窮屈で困っちゃって……」などという、人生初めての経験を、内心喜んでいる人もいるのではないでしょうか。

しかし、この胸のサイズアップは一時的なものです。

赤ちゃんが卒乳して、母乳が作られなくなると、乳腺はボリュームダウンし、胸のサイズも小さくなってしまいます。

この時に、サイズが小さくなるだけではなく、多くの女性の胸は垂れてしまうんです!
一体なぜなのでしょうか。

胸が垂れる理由のひとつは、皮膚が伸びてしまうことにあります。

授乳期に大きくなる胸ですが、常に同じ大きさというわけではありませんよね。

授乳間隔があくと、母乳が溜まって、胸は大きく膨らみます。

破裂寸前の風船のように、パンパンに張ります。

しかし、赤ちゃんがおっぱいを飲むと、胸がしぼみます。

重量的に軽くなったことを実感できるくらいにしぼみ(それでも普段よりは大きいのですが)、おっぱいはふわふわの状態に戻ります。

この「膨らむ→しぼむ」というサイズの変化を何か月も繰り返すことによって、胸の皮膚が伸びてしまうのです。

伸びた皮膚は、母乳が作られなくなって胸が小さくなっても、簡単に元には戻りません。

その結果、皮が余って胸が垂れてしまうのです。

伸びるのは皮膚だけではありません。

「クーパーじん帯」という組織も伸びてしまいます。

クーパーじん帯は、いわば胸を支えているワイヤーのようなもの。

授乳中は胸が大きく重くなるので、クーパーじん帯が引っ張られて伸びます。

クーパーじん帯が伸びてしまうと、胸を支えることができず、垂れてしまうのです。

さらには、授乳の時に、赤ちゃんがおっぱいを引っ張る事も、胸が垂れる原因になります。

遊び飲みの時期は、乳首をくわえたまま引っ張られる事も多いですよね。

かわいらしい光景ではありますが、胸にとっては大きなダメージになっているんですね。

Sponsored Link

産後に胸が垂れるのはなぜ?垂れないためのブラジャー選びのポイントはこれ!

胸の垂れを防ぐためのブラジャー選びのポイント

様々な原因が重なって垂れてしまう産後の胸。

垂れないようにするためには、ブラジャー選びがとても重要なんです!

では、一体どんなブラジャーを選べばいいのでしょうか。

一番重要なのは、サイズの合ったブラジャーを着けることです。

授乳中の胸も、常に同じ大きさというわけではありません。

授乳の量や頻度が変わるのに伴い、バストサイズも常に変化しています。

それにもかかわらず、ずっと同じサイズのブラジャーを着けつづけていたり、楽だからとトップもアンダーもゆるゆるのブラジャーをつけていると、胸の皮膚やクーパーじん帯を伸ばす原因になります。

産後すぐは、母乳の出を妨げないために、締め付けは厳禁ですが、きちんと胸を支えられる、ぴったりサイズのブラジャーを着けるようにしましょう。

そのためにも、こまめにお店で採寸をしてもらい、今の自分に合ったサイズのブラジャーを着けるようにしましょう。

変化の大きい時期なので、採寸の目安は3か月毎です。

少し面倒かもしれませんが、将来綺麗な胸を保つために頑張りましょう!

卒乳後は、胸が垂れないよう、しっかり胸をホールドできるブラジャーを選ぶようにしましょう。

ポイントは、胸の脂肪を正しい位置にキープできるようにすることです。

そのためには、サイズの合ったものを着けるのはもちろんですが、ブラジャーのカップが3/4以上のものを選びましょう。

3/4カップやフルカップのブラジャーは、ハーフカップのものよりもしっかりと胸を包み込むことが出来ます。

付ける時は、脂肪が脇や背中に流れないように、しっかりとカップの中におさめます。

その状態をキープすることで、胸の形が整っていくんですよ。

トップやアンダーのサイズに気を取られがちですが、ストラップの長さ調整も怠らないように。

特に、授乳中にスポーツブラタイプの授乳ブラを使用していた人は、楽な状態に慣れているので、肩紐もゆるくしてしまいがちです。

肩紐が緩いと、胸を支えられないので、垂れる原因になります。

可能であれば、ランジェリーショップで試着をして、肩紐の長さもきちんと調整してもらいましょう。

Sponsored Link

まとめ

産後すぐは大きくなる胸も、いずれ母乳の生産が終わるとしぼんでしまいます。

何もケアをしないでいると、サイズが小さくなるだけでなく、胸が垂れてしまいます。

これでは洋服を着ても決まらないし、自信をもって水着を着ることもできませんよね。

胸が垂れないようにするには、母乳育児中から、きちんとサイズのあったブラジャーをつけることが重要です。

また、母乳育児が終わった後も、胸をしっかり支えられるように、トップとアンダーのサイズは勿論、肩紐の長さもきちんと自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

そのためには、多少面倒でも、ランジェリーショップでこまめに採寸してもらいましょう。

数年後も綺麗なバストを保つためですから、頑張ってくださいね!

AdSense

Sponsored Link

 - 産後バストアップ , , ,