育児子育てあるある大百科

育児子育てに関する悩みはつきませんよね。母乳育児や卒乳時期、離乳食レシピ、美容、ダイエット、子育て支援、給付金、育児休業など、育児子育てに役立ついろいろな情報を、がんばっているママにお届けしますね。

*

乳児湿疹はいつからいつまで?どうすれば治るの?

      2016/06/26

「赤ちゃんの身体に赤いプツプツが!」

「顔に黄色いかさぶたができた!」

スベスベなはずの赤ちゃんの顔や身体に突然湿疹ができると、ママは心配になってしまいますよね。

その肌トラブルは、「乳児湿疹」と呼ばれるものかもしれません。

乳児湿疹とは、乳児におこる湿疹の総称です。

原因はさまざまですが、赤ちゃんの場合、原因の特定が難しいため、肌トラブルをまとめて「乳児湿疹」と呼んでいます。

この乳児湿疹はどうしてできるのでしょうか?できるだけ早く治してあげたいですよね。

では、治すにはどうすれば良いのでしょうか。

そして、いつからできていつまで症状が続くのでしょうか?

今回は乳児湿疹について紹介したいと思います。

Sponsored Link
乳児湿疹はいつからいつまで?

乳児湿疹はいつからいつまで?

乳児湿疹はどうしてできるの?

赤ちゃんの肌は薄く、大人の半分程度しかないと言われています。

そのため、刺激に弱く、トラブルが起こりやすいのです。

いつから乳児湿疹が始まるかは、原因によっても変わってきます。

赤ちゃんの肌は新陳代謝が活発なため、生後3ヶ月頃までは、胎児副腎由来のデヒドロエピアンドロステロン(DHA)の影響で皮脂がたくさん分泌されます。

そのため、皮脂や汗が毛穴に詰まり、ニキビやかさぶたのような湿疹ができます。

これを「脂漏性湿疹」と呼んでいます。

生後3ヶ月を過ぎると、皮脂の分泌は落ち着くのですが、今度は乾燥しやすくなります。

そうすると、乾燥による湿疹ができはじめます。

こちらは「乾燥性皮膚炎」と呼ばれます。

特に冬に症状が悪化しやすい湿疹です。

このように、一口に「乳児湿疹」と言っても、症状によって原因も異なります。

Sponsored Link

乳児湿疹はいつから始まるの?いつまで続くの?

この乳児湿疹はいつから起こるのでしょうか?

赤ちゃんにもよりますが、生後2週間を過ぎた頃から現われはじめます。

赤ちゃんの多くが経験するものなので、過度に心配する必要はありませんが、ママはいつまで続くのか心配ですよね。

前述したように、乳児湿疹の原因はさまざまです。

そのため、いつまでに治るかは個人差が大きくなります。

脂漏性湿疹であれば、皮脂の分泌が落ち着く3~4ヵ月頃に落ち着くことが多いですが、乾燥性皮膚炎であれば、1歳前後の、乾燥する冬の時期が終わるまで続くことも多くなります。

それ以外の原因で湿疹が出ている場合は、1歳を過ぎても湿疹が続くこともあります。

「いつまで続くのだろう…」と過度の心配をする必要はありせんが、悪化させてしまうとアトピーに発展するという説もありますし、赤ちゃんも痒がったり痛がったりと不快な思いをするので、きちんとケアをしてあげましょう。

ケアの基本はとにかく「清潔にすること」と、「こまめに保湿をすること」です。

沐浴の際には、良く泡立てたベビー石鹸で優しく洗い、すぐに保湿しましょう。

そして、自分でケアしても良くならないようであれば、早めに小児科か皮膚科を受診しましょう。

病院ではステロイドを処方されることもあるので、不安に思うママもいるかもしれません。

しかし、一度きちんと治しておかないと、何度もぶり返す原因にもなりますので、処方された薬は自己判断せず、用法用量を守ってきちんと使用してくださいね。

 

 

乳児湿疹は、落ち着くまで時間がかかることもあるので、ママは心配になるかもしれません。

いつから始まっていつまで続くかは個人差が大きいですが、きちんとケアしてあげれば、自然と良くなることが多いので、根気よくケアしてあげましょう。

いつまでも良くならない、清潔にしても保湿しても悪化するようであれば、早めに病院を受診してくださいね。

赤ちゃんのツルツルふわふわのお肌を守ってあげたいですね!

AdSense

Sponsored Link

 - 乳児湿疹 , ,