育児子育てあるある大百科

育児子育てに関する悩みはつきませんよね。母乳育児や卒乳時期、離乳食レシピ、美容、ダイエット、子育て支援、給付金、育児休業など、育児子育てに役立ついろいろな情報を、がんばっているママにお届けしますね。

*

赤ちゃんが咳き込む時はお風呂にいれて良いの?見極めるポイントはこれ!

   

赤ちゃんが咳をしていたら、お母さんは心配ですよね。

悪化させず、できるだけ早く治るようにしてあげたいものです。

そんな時に気になるのが、「赤ちゃんが咳をしている時に、お風呂に入れていいのかどうか」という問題です。

「赤ちゃんは汗かきだから、できるだけお風呂で清潔にしてあげたい」「お風呂で温めてあげた方がぐっすり寝られるから……」

でも、万が一それが咳を悪化させることになっては本末転倒ですから、お母さんにとって悩みどころですね。

ここでは、咳をしている時にお風呂に入って良いのかどうか、また、それを判断するポイントについて紹介したいと思います。

Sponsored Link

赤ちゃんが咳き込む時はお風呂にいれて良いの?

赤ちゃんが咳をしている時にお風呂にいれていいの?

一昔前は、赤ちゃんに限らず「風邪をひいている時はお風呂に入ってはいけない」というのが一般的な考え方でした。

ですが、これはかつての日本の住環境が生み出した風習です。

昔の日本は、お風呂といえば「銭湯」がスタンダードでした。

お風呂が家にある場合でも、屋外の離れにあることが多かったため、湯冷めをすることが多かったのです。

そのため、風邪などの病気を悪化させることが多く、「風邪をひいている時はお風呂に入ってはいけない」と言われるようになったのです。

ですが、現在は違いますよね。

浴室は屋内にありますし、暖房器具も充実していて、湯冷めの心配はあまりありません。

そのため、風邪の時に赤ちゃんをお風呂に入れたからといって、風邪が悪化する心配はあまりないのです。

実際、昔から石やレンガ造りで保温性の高い家に住んでいた西欧では「風邪をひいたらお風呂にはいる」という考え方が一般的なんですよ。

Sponsored Link

赤ちゃんをお風呂にいれていいかどうかを見極めるポイント

とはいえ、咳をしている赤ちゃんをどのような場合でもお風呂に入れて良いかと言うと、そうではありません。

赤ちゃんの状態によっては、お風呂を控えた方が良い場合もありますので、実際にお風呂に入れるかどうか判断するポイントを紹介します。

高熱が出ている場合は避ける

お風呂は体力を消耗します。

そのため、咳以外に高熱(目安としては38.5度程度)が出ている場合はお風呂を焼得ておきましょう。

熱で体力を消耗している赤ちゃんをお風呂に入れると、更に体力を消耗させてしまうからです。

多少の熱で機嫌が良ければ入れても構いませんが、普段より少し低めの温度に設定しましょう。

機嫌が悪い場合は避ける

赤ちゃんは言葉で身体の状態を伝える事ができません。

特に理由が分からないのに機嫌が悪い場合は、咳以外の症状が出る前ぶれかもしれません。

赤ちゃんの機嫌が悪い場合は無理にお風呂に入れず、安静にして様子をみましょう。

咳で眠れていない場合は避ける

赤ちゃんが咳をしている場合、咳き込んで夜中に十分眠れていない場合があります。

そのような時は、お風呂で体力を更に消耗させるよりも、安静を保ってあげた方が良いでしょう。

まとめ

赤ちゃんが咳をしていても、基本的にはお風呂に入れても問題ありません。

機嫌が悪く、熱や咳による睡眠不足で体力を消耗している場合は別ですが、そうでなければ、お風呂は血行を良くし、身体をリフレッシュしてくれます。

また、皮膚を清潔にすることで発汗作用も高まり、ウイルスや細菌への抵抗力が高まるというメリットもあります。

ただし、お風呂は体力を消耗するため、長湯を避け、お風呂上りは湯冷めをしないようにしっかり身体を拭きましょう。

シャンプーは控えるか、ドライヤーでしっかり乾かしてくださいね。

赤ちゃんの様子を見て入浴をさせ、お風呂を体調の回復に役立ててくださいね。

AdSense

Sponsored Link

 - 乳児の咳 , ,