育児子育てあるある大百科

育児子育てに関する悩みはつきませんよね。母乳育児や卒乳時期、離乳食レシピ、美容、ダイエット、子育て支援、給付金、育児休業など、育児子育てに役立ついろいろな情報を、がんばっているママにお届けしますね。

*

断乳後のケアでしこりのトラブルを避けるためには?

      2016/06/20

断乳って!?

我が子が誕生し、育てていく上で最初に行う母乳育児。

母親にとってとても愛おしい時間ですよね。

ですが母乳育児をしていると様々なおっぱいトラブルにぶつかることがあります。

そんなトラブルを乗り越えていき、子供の成長とともにいつかはおっぱいを離れる時がきます。

その時に行う事を『断乳』もしくは『卒乳』と言います。

卒乳とは、赤ちゃんの成長とともに赤ちゃんの方から自然とおっぱい離れをしていくことです。

断乳とは、赤ちゃんがまだ母乳を飲む時期であったとしても何らかの理由があり母親の意思で母乳育児をやめることです。

断乳には乳腺炎になってしまうリスクが高いうえに、赤ちゃんからおっぱいを取り上げてしまうことになるので断乳を無理にするよりも卒乳の方が母子ともに快く母乳育児を終えることができるのです。

Sponsored Link
断乳後のケアでしこりのトラブルを避けるためには?

断乳後のケアでしこりのトラブルを避けるためには?

断乳後のトラブルとは。。。

母乳育児中に乳腺炎や乳首が切れてしまうなどのトラブルにあった母親は少なくないと思います。

断乳は、昨日まで赤ちゃんに飲んでもらっていた母乳を突然あげなくなるので乳腺炎になってしう確率は高くなってしまうのです。

乳腺炎になってしまうと、乳房がいたみ熱を持ちしこりができてしまいます。

ひどくなると母親自身が発熱してしまいます。

また、断乳時の赤ちゃん面のトラブルでは、断乳がうまくいくと稀に離乳食を食べすぎてしまい急激に太ってしまう子がいるのです。

反対に、断乳を始めてから食が細くなりおっぱいを求めて泣く子もいます。

そのため、断乳を行うときには赤ちゃんへの配慮も欠かしてはいけません。

Sponsored Link

トラブルを回避するには!?

断乳後乳腺炎なんて誰もがなりたくないものです。

快く母乳育児を終えることが理想ですよね。

そのためには、断乳を行う一ヶ月ほど前から計画的に行う事が大切です。

母乳を詰まりにくくするために和食中心の食生活を送り、睡眠を良く取りストレスを溜めない生活を心がけましょう。

また、母乳育児中にもできてしまうことのあるしこりが断乳時にもできる時があります。

そんな断乳後のトラブルを避けるために行うケアをご紹介いたします。

断乳後、おっぱいにしこりが残らない様にする為には、おっぱいが張ってきても搾乳しすぎず30㎎程で良いのです。

搾乳するときは乳房全体を絞るのではなく、乳輪部分をつまんで母乳を出していきます。

断乳後、古い母乳をしっかりと出し切るというきちんとしたケアを行う事が大切です。

母乳育児は女の特権

妊娠し、出産し、育児が始まります。

妊婦期間は女性にとって我慢することが多いときです。

ですが、お腹に我が子和宿し愛おしさを感じられるのは女性の特権です。

出産のときあの我慢のできないこの世の物とは思えない痛みを味わいます。

ですが、産まれた瞬間のあの感動や達成感も女性だけの特権です。

母乳育児も乳首が切れたり乳腺炎になったりとおっぱいトラブルに合い痛い思いをします。

ですが、授乳中の可愛い表情やたまらない愛おしさを感じられるのも女性最大の特権です。

1人1人赤ちゃんの時からの性格などが違い育児をしていて大変だと感じる時もありますが、それ以上に成長を感じれたりと幸せなことの方が大きいのではないでしょうか?

育児は簡単なものではありませんが、育児を楽しみながら子と一緒に成長できるような育児期間を過ごせることができると良いですよね。

↓断乳に関連する記事はこちら

断乳の方法と圧抜きのやり方は?

AdSense

Sponsored Link

 - 断乳 , ,