育児子育てあるある大百科

育児子育てに関する悩みはつきませんよね。母乳育児や卒乳時期、離乳食レシピ、美容、ダイエット、子育て支援、給付金、育児休業など、育児子育てに役立ついろいろな情報を、がんばっているママにお届けしますね。

*

おむつかぶれとカンジダ性皮膚炎の違いや見分け方は?治し方は?

   

赤ちゃんのおむつかぶれを経験するママは多いと思います。

赤ちゃんのお尻が赤くなってしまって、いかにも痛々しく、可哀想ですよね。

このおむつかぶれとよく似た症状で、「カンジダ性皮膚炎」というものがあるのをご存知ですか?

カンジダ性皮膚炎も、おむつかぶれと同様にお尻が赤くなってしまうのですが、実はおむつかぶれとは原因が違います。

また、治療法も違うので、おむつかぶれと同じように薬を塗っていたら悪化させてしまう事もあるんですよ!

今回は、おむつかぶれとカンジダ性皮膚炎の違いや見分け方について紹介したいと思います。

また、治し方についてもまとめたいと思いますので、是非参考にしてみてくださいね。

Sponsored Link

おむつかぶれとカンジダ性皮膚炎の違いや見分け方は?

おむつかぶれとカンジダ性皮膚炎の違いや見分け方は?

おむつかぶれの原因は蒸れと刺激ですが、カンジダ性皮膚炎の原因は、カビの一種であるカンジダ菌です。

この菌によって炎症が起こり、お尻が赤くなったり、湿疹ができたりします。

症状はおむつかぶれとよく似ていますが別のものですし、治療法も異なるので注意が必要です。

そこで、おむつかぶれとカンジダ性皮膚炎の違いを知っておきましょう。

まず、おむつかぶれはおしっこやうんちの刺激が原因なので、おむつが触れている部分が赤くなります。

おむつやおしっこと触れないシワの中まではあかくなりません。

一方、カンジダの場合、菌が湿気が多く体温が高いところを好んで繁殖するので、蒸れやすいシワの中も真っ赤になってしまいます。

ここが大きな違いです。

また、カンジダ性皮膚炎の場合、おむつかぶれの湿疹とは違い、膿をもったプツプツができることがあります。

特に赤くなった部分の縁あたりにできやすいので、よく観察してみましょう。

更に、おむつかぶれはステロイド薬で治療することがありますが、カンジダ性皮膚炎の場合、ステロイド薬を使うと菌が余計に繁殖してしまい、症状が悪化します。

かぶれであれば、ステロイドを塗ると翌日には改善が見られますが、そうでない場合はカンジダ性皮膚炎を疑った方が良いかもしれません。

Sponsored Link

カンジダ性皮膚炎の治し方は?

カンジダ性皮膚炎は抗真菌薬という軟膏を塗って治します。

これはカビを退治するためのお薬です。

病院で処方してもらうお薬なので、カンジダ性皮膚炎かもしれないと思ったら、皮膚科を受診する様にしましょう。

ちなみに、カンジダ性皮膚炎かどうかは、検査すればすぐにわかります。

抗真菌薬をもらったら、まずお尻を清潔にしてから塗るようにしましょう。

カンジダ菌はカビなので、不衛生でジメジメしたところが大好きです。

菌が繁殖できないように、お尻を清潔に、蒸れないようにするのが大切なのです。

ここはおむつかぶれと同じですね。

お尻をきれいに洗い、しっかり乾燥させてから薬を塗ります。

おむつ替えの際も、刺激をあたえないよう、おしりふきでゴシゴシ拭くのはやめましょう。

できればお湯で洗って、ガーゼや柔らかいタオルで押さえるようにして拭きます。

抗真菌薬を使えば、1~2週間ほどで良くなることが多いです。

それまではこまめなおむつ替えをして、お尻を清潔で乾いた状態に保つようにしてくださいね!

まとめ

おむつかぶれとカンジダ性皮膚炎はとても良く似ています。

良く見れば違いはあるものの、なかなかハッキリと判断できないことが多いかもしれません。

お医者様でも違いがわかりづらいという場合もあるそうです。

そんな時は、やはりお医者さまに判断を仰ぐのが一番です。

おむつかぶれのケアをしていても、なかなか症状が改善されない、違いがわからないという場合は、病院を受診してください。

カンジダかどうかの検査は、その場で結果が出ますから、きちんと調べてもらって症状にあった薬を処方してもらってくださいね!

AdSense

Sponsored Link

 - おむつかぶれ , , , ,